HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求 講座申込み
[サイトマップ] 
宅建受験生必見
拓明館が運営する宅建受験者のお役立ち情報サイトです。 OnePoint動画・用語集・過去問等、全サービスが無料でご利用いただけます。
都城市の不動産


■令和元年 宅地建物取引士 問2の問題
投稿者 : matsuo 投稿日時: 2019-10-21 (50 ヒット)

難易度 基本的な問題である。

2ABに甲土地を売却B有権移登記を備えた場合に関する次の記述のうち民法の規定及び判例によればっているものはどれ

1 ABとの売買契約をBの詐欺を理由に取り消した後CBから地を買い受けて所 有権移登記を備え場合ACの関係は対抗問題となりAいわゆる背信的悪意者 ではないCに対し登記なくして甲土地の返還を請求することができな 

2 AB買契Bの詐欺を理由に取り消す前にBの詐欺につて悪意のCBから甲土地を買い受けて所有権移転登記を備えていた場ACに対し土地の返還を請求するとがきる 

3 Aの売却の意思表示に要素の錯誤がある場合Aに重大な過失がなければABから 甲土地を買い受けたCに対して、錯誤による当該意思表示の無効を主張し甲土地の返還 を請求することができる

4 Aの売却の意思表示に要素の錯誤がある場合Aに重大な過失があったとしてABに対して錯誤による当該意思表示の無効を主張して土地の返還を請求するとができ※錯誤の場合は本人に重大な過失があった場合は、無効を主張できない。したがって甲土地の返還を請求することはできない。


印刷用ページ このニュースを友達に送る




HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求

Copyright 2007 takumeikan Co.Ltd  |  Design by 7dana.com