令和元年宅地建物取引士 問1の問題解説

投稿日時 2019-10-16 | カテゴリ: トピックス

令和元年 宅地建物取引士問題 解答

令和元年 10月22日に掲載いたします。

難易度 基本的な問題である

1AAが所有している甲土地をDに売却しの場合に関する次の記述のう民法の規定び判例によれば誤ってるものはどれか

1. 土地を何らの権原なく不法占有しているCがいる場合BC対して甲土地の所有権を主張して明渡請求をするには甲土地所有権移転登記を備えなければならな※このばあいは登記なくしても対抗できる。したがって誤り。

2. Bが甲土地の所有権移転登記を備えていない場合にAから建物所有目的で甲土地を賃 借して土地上にD名義の登記ある建物を有するDに対してBは自らが甲土の所有者であることを主張することができな 

3. B土地の所有権移転登記を備えなまま甲土地をEに売却した場E甲土地の所有権移転登記なくAに対して甲土地の所有権を主張することができる

4. Bが甲土地の所有権移転登記を備え後に甲土地につき取得時効が完成したF土地の所有権移転登記を備えていなくてもBに対して甲土地の所有権を主張することができる

問3からは宅建資料室にて解説してまいります。



 






資格の学校 拓明館にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://takumeikan.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://takumeikan.com/modules/content1/index.php?page=article&storyid=114