平成27年度 試験対策13 ここがでる!!

投稿日時 2015-10-09 | カテゴリ: トピックス

平成27 宅地建物取引士資格試験予想

宅建業法
☆宅建業法は平成21年から20問出題されるようになりました。以前は16問でしたが4問増えた分たことで合否をきめるとても重要な科目です。
宅建業法の試験対策としてはテキストを中心に一つ一つの項目をしっかり学習することが大切です。

★過去問題はもれなく演習し、すべて理解するように努めてください。20問全問正解を目標に学習をしてください。

★宅建業法は、全て大切なところですが、今年の予想としては,ここは逆に出題率の少ないところを言わせていただいた方がよいと思います。
それは「割賦販売契約の解除等の制限」「所有権留保の禁止」「罰則」あたりではないでしょうか。それ以外はどこが出題されてもおかしく有りません。








資格の学校 拓明館にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://takumeikan.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://takumeikan.com/modules/content1/index.php?page=article&storyid=86