HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求 講座申込み
[サイトマップ] 
宅建受験生必見
拓明館が運営する宅建受験者のお役立ち情報サイトです。 OnePoint動画・用語集・過去問等、全サービスが無料でご利用いただけます。
都城市の不動産


投稿者 : matsuo 投稿日時: 2015-10-14 (2874 ヒット)

平成27 宅地建物取引士予想

統計
空家問題は今現在、社会問題にもなっている所から今年あたりは出題されてもおかしくありません。

最低でも★の所は覚えておきましょう!!
★平成25年では、総住宅数が総世帯数を818万上回って、1世帯当たりの住宅数は1.16戸となっており、それに対して空き家は総住宅数の13.5%(約820万戸)となっている。


投稿者 : matsuo 投稿日時: 2015-10-12 (2523 ヒット)

平成27年  統 計

目 次

1.地価公示

2.住宅着工統計(国土交通省)

3.法人企業統計(財務省)

4.土地の動向(土地白書)

5.宅地建物取引業者(国土交通白書)

学習のポイント!!

統計は毎年必ず出題されるところです。
覚える数字が細かく大変ですが、過去のデ-タを見ると出題される分野はほぼ決まっています。細かい数字を覚えるのも大切ですが、統計で最も大切なのが土地建物の価格や件数などの傾向を大まかにつかんでおくことが大切です。
試験直前はどこに手を付けていいか分からなくなる受験生が居ますが、ここは一点でもおおく取るつもりで是非ものにしてください。

1.     地価公示(平成273月発表)

 

平成26年の1年間の地価は、以下のとおりである。

 

(1)全国の地価変動率

全国平均では、住宅地下落率は縮小、商業地は横ばい転換。

全国平均

24年公示

25年公示

26年公示

27年公示

住宅地

2.3%

1,6%

0.6%

0.4%

商業地

3.1%

2.1%

0.5%

0.0%

ポイント

○住宅地は0.4%の下落→7年連続下落であるが5年連続して下落率縮小。

○商業地は0.0%横ばい→6年連続下落していたが、横ばいとなった!!

 

(2)三大都市圏の地価変動率

  三大都市圏平均では、住宅地、商業地ともに上昇を継続。

全国平均

24年公示

25年公示

26年公示

27年公示

住宅地

1.3%

0,6%

0.5%

0.4%

商業地

1.6%

0.5%

1.6%

1.8%

 

ポイント

○住宅地は0.4%の上昇→2年連続上昇。

○商業地は1.8%増→2年連続上昇。


(3)地方圏の地価変動率

地方圏平均では、住宅地、商業地ともに下落率縮小。

全国平均

24年公示

25年公示

26年公示

27年公示

住宅地

3.3%

2.5%

1.5%

1.1%

商業地

4.3%

3.3%

2.1%

1.4%

ポイント

○住宅地は1.1%の下落→長期間連続下落。ただし、5年連続の下落縮小。

○商業地は1.4%下落→長期間連続下落。ただし、5年連続の下落縮小

 

1 平成27年地価公示(平成273)によれば、平成26年の1年間の地価は、全国平均で住宅地、商業地ともに下落しているが、下落率は縮小傾向にある。

ズバリ予想問題

 

解説=全国平均では、住宅地は下落したが下落率は縮小し、商業地は横ばい(0.0%)に転換した。解答×

 

問2           平成27年地価公示(平成273月公表)によれば、平成26年の1年間の地価は三大都市圏平均では、住宅地は下落したが、商業地では上昇に転換している。

 

解説=平成27年地価公示(平成273月公表)によれば、1年間の三大都市圏平均は、住宅地、商業地ともに上昇している。2年連続して上昇している。解答×

 

問3           平成27年地価公示(平成273月公表)によれば、平成26年の1年間の地価は地方圏平均では、住宅地及び商業地いづれも下落したが、いづれも下落率は縮小した。

 

解説=平成27年地価公示(平成273月公表)によれば、1年間の地方圏平均は、住宅地、商業地ともに下落しているが、いづれも下落率は縮小している。

解答◎

   

2.     新設住宅着工戸数(平成271)

平成26年の新設住宅着工戸数は、消費税引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年と比較すると、全体で9.0%の減少となった。一方、このような影響のない前前年と比べると1.1%の増加となった。

 

総戸数

892,261(前年比9.0%減少、5年ぶりの減少)

 

持家

235,270(前年比19.6%減少、5年ぶりの減少)

 

貸家

362,191(前年比17.0%増加、3年連続の増加)

 

分譲住宅

237,428(前年比10.0%減少、5年ぶりの減少)

 

供給住宅

  7,372(前年比45.7


投稿者 : matsuo 投稿日時: 2015-10-09 (2552 ヒット)

平成27年 宅地建物取引士 今年はここがでる!!

その他の分野

★★税 法★★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★固定資産税
昨年は不動産取得税が出題されました。
不動産取得税と固定資産税はほぼ一年おきに出題される傾向があります。従いまして、今年は不動産取得税が出題される可能性が高いと思います。
特に居住用にたいする特例は数字と共に要件をしっかり学習してください。
==============================
★印紙税
この近年、印紙税は出題の多いところですが、昨年は出題されませんでした。今年は出題される可能性が高いですので固定資産税と共にしっかり学習してもらいたいところです。
==============================
★譲渡所得税・贈与税
譲渡所得税・贈与税は出題される可能性は低いところですが、平成24年いらい出題されていませんので、そろそろ出題されてもおかしくありませんが、ここは覚えるところも多く最悪のときは深入りせず、避けてもよいです。
===============================


投稿者 : matsuo 投稿日時: 2015-10-09 (2070 ヒット)

平成27 宅地建物取引士資格試験予想

宅建業法
☆宅建業法は平成21年から20問出題されるようになりました。以前は16問でしたが4問増えた分たことで合否をきめるとても重要な科目です。
宅建業法の試験対策としてはテキストを中心に一つ一つの項目をしっかり学習することが大切です。

★過去問題はもれなく演習し、すべて理解するように努めてください。20問全問正解を目標に学習をしてください。

★宅建業法は、全て大切なところですが、今年の予想としては,ここは逆に出題率の少ないところを言わせていただいた方がよいと思います。
それは「割賦販売契約の解除等の制限」「所有権留保の禁止」「罰則」あたりではないでしょうか。それ以外はどこが出題されてもおかしく有りません。




投稿者 : matsuo 投稿日時: 2015-10-05 (2286 ヒット)

平成27 宅地建物取引士資格試験予想

法令上の制限(1)
☆建築基準法の出題傾向
平成19◎
平成20◎
平成21◎
平成22◎
平成23◎
平成24◎
平成25◎
平成26◎
平成27→建築基準法は毎年出題され学習範囲も広く覚える数字もたくさん有り、「集団規定」「単体規定」と受験者の皆様にとってはとても大変なところです。
学習の上では必ず出題される集団規定を中心に学習してください。

今年は特に▼▼▼
〕囘喟限
建築確認
F始関係
に媛价楼茵準防火地域の建築制限
ネ得冦─Ψ蔽率
は重要な項目となります。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 16 »



HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求

Copyright 2007 takumeikan Co.Ltd  |  Design by 7dana.com