メインメニュー
携帯de資料室(試験中)
  資料室を携帯電話で閲覧できるよう只今実験中です。
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
TOP MENU BLOG BBS
| RSS |
爆撃予想問題 : 第28回 借地借家法 爆撃ピンポイント
投稿者: matsuo 投稿日時: 2007-06-30 15:07:59 (2862 ヒット)

借地借家法
■ 建物の賃貸人が賃貸借の解約の申入れをした場合,建物の賃貸借は,解約の申入れ
  の日から(?)力月を経過することによって終了する。


■ 居住用建物(床面積?嵬にのものにる)の定期借家契約では,賃借人が転勤・療養
 親族の介護その他のやむを得ない事情により自宅として使用が困難となったときは,
 (?)ヶ月の予告期間をおいて解約の申入れができる。

■ 居住用建物の賃借人が死亡したが,相続人とるべき者が存在しない場合,婚姻又は縁゜ 組の届け出をしていないが,事実上夫婦又は養親子と同様の関係にある同居者は賃借
 人の権利義務を承継する。 ただし(?)カ月以内に承継しない旨を賃貸人に意思表示し
 た場合は別である。

答え
=========================================
■期間の定めのある場合
=========================================
       賃貸人が主張                        賃借人が主張
=========================================
)了前6ヶ月〜一年以内に更新拒絶の意思表示    ‘浦
∪掬事由必要                          ∪掬事由不要
=========================================
■ 期間の定めのない場合
=========================================
賃貸人が主張  賃借人が主張
/醜み後6ヶ月で終了する。                 /修傾み後3ヶ月で終了する。
∪掬事由必要                           ∪掬事由不要
=========================================
■(定期借家契約一中途解約)
居住用建物(床面積200 未満のものに限る)の定期借家契約では,賃借人が転勤・療
養・親族の介護その他のやむを得ない事情により自宅として使用が困難となったときは,1
力月の予告期間をおいて解約の申人れができる(借地借家法38 条 )。なお,中途解約
できるのは賃借人の方からだけである

■(居住用建物一内縁者等の承継)
居住用建物の賃借人が死亡したが,相続人となるべき者が存在しない場合婚姻又は縁組
の届出をしていないが事実上夫婦又は養親子と同様の関係にある同居者は賃借人の権
利義務を承継するただし1 力月以内に承継しない旨を賃貸人に意思表示した場合は別で
ある(借地借家法36 条 )。
内縁者等は、原則として借家権を承継することに注意。「承継しない旨」を表示したときだけ承継しない。また当事者間の、借家権を承継しない旨の特約は有効である

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.