メインメニュー
携帯de資料室(試験中)
  資料室を携帯電話で閲覧できるよう只今実験中です。
オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
TOP MENU BLOG BBS
| RSS |
爆撃予想問題 : 第29回 爆撃ピンポイント攻撃
投稿者: matsuo 投稿日時: 2007-07-12 01:56:29 (2418 ヒット)

抵当権

抵当権者は,利息その他の定期金を請求する権利を有するときは,
満期となった最後の( )年分についてのみ,その抵当権を行使す
ることができる。

◇◇◇解答◇◇◇
抵当権一優先弁済の範囲

a. 抵当権者は,利息その他の定期金を請求する権利を有するとき
は,満期となった最後の2 年分についてのみ,その抵当権を行使す
ることができる。

b.他に債権者がいない場合は,2 年分に限定されない。

c.根抵当権の場合は,この制限はない。極度額の範囲内であれば発
生した利息等の全額を請求できる。

======================================
抵当不動産の第三取得者は,代価又は指定金額を抵当権者に提供し
て,抵当権消滅請求をすることができる。抵当権者がこの消滅請求
に対抗するためには,消減請求を受けた後,( )力月以内に通常の
競売申立てをすればよい。

◇◇◇解答◇◇◇
抵当権消請求権

抵当不動産の第三取得者は、代価又は指定金額を抵当権者に提供し
て,抵当権消滅請求をすることがでる。 抵当権者がこの消滅請求に
対抗するためには,消滅請求を受けた後,2 カ月以内に通常の競売
申立てをすればよい
======================================-

抵当権者に対抗することができない賃貸借により建物を使用収益し
ている者で,正当な使用収益権を有していた者は,競売の買受人が
所有権を取得した時から( )力月以内に建物を引き渡せばよい。

◇◇◇解答◇◇◇
抵当権〜引渡し猶予制度

a.抵当権者に対することができない賃貸借により建物を使用収益している者で正当な使用収益していた者は,競売の買受人が所有権を
取得した時から6 力月以内に建物を引き渡せばよい。

b.引き渡し猶予期間中の占有者は,建物買受人に賃料相当額を支ら
う義務を負う。

c.占有者が使用料を支払わない場合,買受人は,相当の期間を定め
て1 カ月分以上の支払いの1催促ができその期間内に支払いがないと
きは、上記(a)の適用はない。
=========================================

元本の確定期日が定められていないとき当事者は,元本の確定を請
求することができる。根抵当権設定者からの確定請求については,根抵当権設定より()年経過以後,請求できる。また,請求から
( )週間経過後に確定する。

◇◇◇解答◇◇◇
根低当権設定者からの確定請求

a.根抵当権設定より3 年経過以後,請求できる。また,請求から2 週間経過後に確定する。

b.根抵当権者からの確定請求
いつでも請求できる。。また,元本は,請求の時に確定する。

c.上記(a)(b)は確定期日の定めがあるときは,適用しない。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.