メインメニュー
携帯de資料室(試験中)
  資料室を携帯電話で閲覧できるよう只今実験中です。
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
TOP MENU BLOG BBS
| RSS |
改正 : h19 宅建業法(罰則)
投稿者: matsuo 投稿日時: 2007-08-08 18:47:18 (4419 ヒット)

罰則

4  罰則規定の改正(79 条以下)

上記の改正と併せ、違反行為に対する罰則の規定が大幅に強化された。

  〔橘筏営業等に適用される罰則(79 条)3 年以下の懲役若しくは300万円以下の
   罰金、又はこれの併科

  ⊇斗廚併項の告知義務違反に適用される罰則(79 条の2 ) 2 年以下の懲役若しく
   は300 万円以下の罰金、又はこれの併科

  I堙に高額の報酬を要求したときに適用される罰則(80 条)1 年以下の懲役若しく
   は100 万円以下の罰金、又はこれの併科

  と詭保持義務違反に適用される罰則( 80 条の2 )
    1 年以下の懲役又は100万円以下の罰金

  ジ愨膵告の禁止違反等に適用される罰則( 81 条)
    6 月以下の懲役若しくはl00万円以下の罰金、又はこれの併科

  取引主任者の設置要件の適合義務違反等に適用される罰則(82 条)100万円以下
   の罰金

  Х戚鷭駝未慮鯢婬遡外稟薪に適用される罰則(83 条)50 万円以下の罰金

   両罰規定の強化(84 条)違反者を1 更用する者等も罰する「両罰規定」が強化さ
    れ、前記 ↓ の条項の違反に関しては、違反者を使用等する法人に対して最高
    1 億円の罰金刑を科すことができることとなった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.