メインメニュー
携帯de資料室(試験中)
  資料室を携帯電話で閲覧できるよう只今実験中です。
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
TOP MENU BLOG BBS
| RSS |
改正 : 平成20 宅建試験対策 税法改正(固定資産税)
投稿者: matsuo 投稿日時: 2008-10-06 11:37:30 (1676 ヒット)

固定資産税

○固定資産税の減額 (住宅の省エネ改修) の創設 一定の省エネ改修工事をした場合に,改修工事完了の翌年度分に限り,固定資産税額(床面積120平方メートル以下の部分のみ)の3分の1が減額される。

○土地の売買に係る登録免許税(本則20/1000)について,以下の通り3年間軽減税率を適用。(平成20年試験ではこれまでと変化なし)

・平成21年3月31日まで:10/1000
・平成22年3月31日まで:13/1000
・平成23年3月31日まで:15/1000

3.従来の特例で適用期限を延長したもの

○住宅取得資金に係る相続時精算課税の特例 (平成21年12月31日まで)

○新築住宅に係る固定資産税の減額措置の延長 (平成22年3月31日まで)

 120平方メートル相当部分について,3年間(中高層耐火建築物である住宅は5年間)税額を1/2に減額する。

○不動産取得税 住宅販売業者等が新築した家屋のみなし取得時期に関する特例措置の延長(平成22年3月31日まで)

 (本則:新築から6ヶ月以内に売却すれば非課税→特例で1年まで延期)

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.