メインメニュー
携帯de資料室(試験中)
  資料室を携帯電話で閲覧できるよう只今実験中です。
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
TOP MENU BLOG BBS
| RSS |
改正 : 平成20 宅建試験対策 改正(公正競争規約)
投稿者: matsuo 投稿日時: 2008-10-06 11:42:58 (1917 ヒット)

公正競争規約

●不動産の表示に関する公正競争規約施行規則 (平成19年12月18日施行)
 平成19年12月18日,不動産公正取引協議会連合会の改正案は,公正取引委員会に承認され,即日施行されました。今回の改正では,細部の表現の見直しが行われています。

 ⇒ 第2条・表示の媒体,第3条・物件の種別,第9条・特定事項の明示義務

 このうち試験対策上,知っておく必要があるのは,次の二つです(施行規則9条)。
●路地状部分のみで道路に接する土地
【改正前】

 路地状部分のみで道路に接する土地であって、その路地状部分の面積が当該土地面積のおおむね30パーセント以上を占めるときは、その旨及びその面積を明示すること。
【改正後】

 路地状部分のみで道路に接する土地であって、その路地状部分の面積が当該土地面積のおおむね30パーセント以上を占めるときは、路地状部分を含む旨及び路地状部分の割合又は面積を明示すること。

●傾斜地を含む土地
【改正前】

 傾斜地を含む土地であって、傾斜地の割合が当該土地面積のおおむね30パーセント以上を占める場合(マンション及び別荘地等を除く。)又は傾斜地を含むことにより、当該土地の有効な利用が著しく阻害される場合(マンションを除く。)は、その旨及びその面積を明示すること。
【改正後】

 傾斜地を含む土地であって、傾斜地の割合が当該土地面積のおおむね30パーセント以上を占める場合(マンション及び別荘地等を除く。)は、傾斜地を含む旨及び傾斜地の割合又は面積を明示すること。ただし、傾斜地の割合が30パーセント以上を占めるか否かにかかわらず、傾斜地を含むことにより、当該土地の有効な利用が著しく阻害される場合(マンションを除く。)は、その旨及び傾斜地の割合又は面積を明示すること。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.