メインメニュー
携帯de資料室(試験中)
  資料室を携帯電話で閲覧できるよう只今実験中です。
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
TOP MENU BLOG BBS
| RSS |
10年間の過去問題集 : 平成27年度 宅地建物取引士試験対策 改正7
投稿者: matsuo 投稿日時: 2015-10-05 16:03:35 (624 ヒット)

☆宅建業法


宅地建物取引業の免許の欠格事由・取り消し事由

■宅建業者の欠格要件が以下の事由が追加されました。
  嵋塾話聴又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者」
 ◆嵋塾話聴等がその事業活動を支配する者」



宅地建物取引士の登録の欠格事由・消除事由

■宅地建物取引士の欠格要件にも以下の事由が追加されました。
 ‐綉の同じ内容となっています。
  従来でも、指定暴力団の構成員等については「宅地建物取引業  に関し不正又は不誠実な行為をするおそれのある者」に該当す  ると解されており、実際は免許等をうけることが出来ませんで  した。
  今回の改正は、暴力団員等の排除をより明確に明文化した規定  ということができます。
  

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.