メインメニュー
携帯de資料室(試験中)
  資料室を携帯電話で閲覧できるよう只今実験中です。
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
TOP MENU BLOG BBS
| RSS |
判例 : 抵当権(妨害排除請求権(-2)
投稿者: matsuo 投稿日時: 2006-10-02 11:00:20 (3144 ヒット)

抵当権。妨害排除請求権−2

  ◆甲建物につきAの抵当権設定登記後に、抵当権設定者BからCが賃借権
   の設定を受けた場合で、Cの賃借権の設定に抵当権実行の際の競売てつ

   づきを妨害する目的があり、その占有により抵当権の交換価値の実現が
   妨げられ、抵当権者Aの優先弁済請求権の行使が困難となるような事情

   があるときは、Aは、Cに対して、抵当権に基づく妨害排除請求として、占有
   状態の排除を求めることが出来る。(平成17.3.10)

****************************************************

印刷用ページ このニュースを友達に送る

Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.