第27回 一般定期借地期間 爆撃数字ポイント 

投稿日時 2007-06-29 11:16:05 | カテゴリ: 爆撃予想問題

一般定期借地
存続期間を(?)年以上として借地権を設定する場合には,更新や建物買取請求権の規定の
適用がない借地契約を締結することができる。これを一般定期借地権という。



■存統期間を50 年以上として借地権を設定する場合には,更新や建物買取請求権の規定の適用がない借地契約を締結することができる。これを一般定期借地権という(借地借家法22
条)。




宅建資料室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://takumeikan.com/taku_info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://takumeikan.com/taku_info/modules/bulletin/article.php?storyid=160