無権代理人 最高平成10.7.17

投稿日時 2006-07-17 10:18:12 | カテゴリ: 判例

  無権代理人

    本人Aが、Bが行った無権代理人Bにつき追認拒絶した後に無権代理人Bが死亡
     し、本人Aが無権代理人Bを相続し、Aの本人としての地位と無権代理人Bの地位が
     同一人に帰属しても、Bが行った無権代理行為は当然有効とはならない。


<hr>




宅建資料室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://takumeikan.com/taku_info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://takumeikan.com/taku_info/modules/bulletin/article.php?storyid=20