時効(地役権) 最高平成6.12.16

投稿日時 2006-07-18 09:59:44 | カテゴリ: 判例

時効(地役権)

 Aは、Bが所有する甲地の一部に第三者Cが開設した通路があったので、自己が所有する乙地の便益のために、この通路を20年間自己のためにする意思を持って継続的に通行してきたが、Aが甲地に地役権を時効取得するためには、甲地の上のA通路の開設がA自身によってなされたことが必要であるから、この場合は、Aは地役権を時効取得できない。

<hr>




宅建資料室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://takumeikan.com/taku_info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://takumeikan.com/taku_info/modules/bulletin/article.php?storyid=21