相続(分割)

投稿日時 2006-09-17 15:58:23 | カテゴリ: 判例

相続(分割)

Aが死亡し、Aの相続人B及びCは遺産分割協議を行い協議が成

立したが、その後遺産分割協議の内容と異なる内容を記載したAの遺言

書が発見された場合、遺言の内容を知っていればそのような遺産分割は

しなかつたであろうという蓋然性がきわめて高いときは、B・Cは要素

の錯誤による遺産分割の無効を主張できる可能性がある。

**********************************************************




宅建資料室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://takumeikan.com/taku_info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://takumeikan.com/taku_info/modules/bulletin/article.php?storyid=68