抵当権(妨害排除請求権(-2)

投稿日時 2006-10-02 11:00:20 | カテゴリ: 判例

抵当権。妨害排除請求権−2

  ◆甲建物につきAの抵当権設定登記後に、抵当権設定者BからCが賃借権
   の設定を受けた場合で、Cの賃借権の設定に抵当権実行の際の競売てつ

   づきを妨害する目的があり、その占有により抵当権の交換価値の実現が
   妨げられ、抵当権者Aの優先弁済請求権の行使が困難となるような事情

   があるときは、Aは、Cに対して、抵当権に基づく妨害排除請求として、占有
   状態の排除を求めることが出来る。(平成17.3.10)

****************************************************




宅建資料室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://takumeikan.com/taku_info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://takumeikan.com/taku_info/modules/bulletin/article.php?storyid=79