総則 無権代理人 最高平成5.1.21 

投稿日時 2006-07-07 22:13:13 | カテゴリ: 判例

総 則

判例

★本人Aが死亡し、無権代理人BがAを、共同相続人Cとともに共同
 相続した場合、無権代理行為を追認する権利は、その性質上B及び
 Cに不可分的に帰属し、B及びCが共同して行使しない限り、無権
 代理行為が有効となるものではなく、無権代理人Bの相続分に相当
 する部分についても無権代理人行為が当然有効とはならない。
(最高平5.1.21)

==============================================================




宅建資料室にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://takumeikan.com/taku_info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://takumeikan.com/taku_info/modules/bulletin/article.php?storyid=9