HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求 講座申込み
[サイトマップ] 
都城市の不動産


■拓明館教室 今週の学習ポイント
投稿者 : matsuo 投稿日時: 2012-05-30 (1203 ヒット)

★法令上の制限『建築基準法』



◇近年の建築基準法の出題数は2問。その中でよく出題されているのが、用途制限と建築確認の要不要の問題です。

ちなみに平成23年は、防火地域の単体問題が一問、二問目がが容積率、建坪率、道路、用途制限の複合問題となっていました。



★今年は、確認申請の要不要の問題が出題されるのではないかと予想します。



確認申請の要不要の覚えるポイントは!



‐貊蠅

防火地域・準防火地域ではどんな小さな建築物ても建築を行う場合は確認が必要と覚える。



⊂貊蠅

都市計画区域内。準都市計画区域内。知事が指定した区域においては、増築、改築、移転の場合は建築面積10嵬にの場合は確認が不要。

新築の場合はどんな小さな建物でも確認が必要と覚える。



´△魎泙瓩匹鵑幣貊蠅任盂稜Г必要なものがある。

大規模な建築物と特殊建築物である。これらは危険な建物と覚える。

危険な建物は、場所に関係なく確認がいると覚える。



他にも、出題される可能性はありますが、建築基準法は条文も多く、又多くの数字も覚えなくてはならず受験者にとっては大変な所ですが、せめて用途制限と確認申請の内容は最低でも覚えてください。

今週の学習ポイントはここまで。



参考。用途制限を覚えるには『らくらく宅建』の語呂合わせが一番覚えやすいと思います。必見です。書店で一度みてみてください。以上です。


印刷用ページ 




HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求

Copyright 2007 takumeikan Co.Ltd  |  Design by 7dana.com