HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求 講座申込み
[サイトマップ] 
宅建受験生必見
拓明館が運営する宅建受験者のお役立ち情報サイトです。 OnePoint動画・用語集・過去問等、全サービスが無料でご利用いただけます。
都城市の不動産


■平成27年度 試験対策17 ここがでる!!
投稿者 : matsuo 投稿日時: 2015-10-16 (2451 ヒット)

平成27年 宅地建物取引士 試験予想

毎年[不動産鑑定][地価公示法]のいずれかが1問出題されますが、今年は[不動産鑑定]が出題される確率が高いといえます。
不動産鑑定の内容は大変複雑で難しいですが、宅建で問われるところはさほど難しくはありません。
諦めずにしっかりと勉強してください。学習のポイントは以下の通りです。

★★学習のポイント★★
_然覆亮鑪
[正常価格][限定価格][特定価格][特殊価格]の4つの定義はよく出題されますので、事例と定義を覚えて於く事です。
------------------------------------------------------
価格形成の要因
不動産の価格に影響をあたえる要因を価格形成の要因といいます。
価格形成の要因は3つあります。
[地域要因][個別要因][一般的要因]の3つです。
-------------------------------------------------------
C楼菠析
地域分析にあたって特に重要なのが[近隣地域][類似地域][同一需給圏]ですが、それぞれの区域の定義を覚えることです。
------------------------------------------------------
ご嫩衂床訴法
不動産鑑定にあたっては[原価方式][比較方式][収益方式]の3つの方式があり、原則として、これらの3つを併用して価格を求めることになっています。
そこでこれらの3つの方式の内容の特徴をつかんでおくことが大切です。この当たりは鑑定ではよく出題されているところですので試験前には是非目を通しおいてください。-------------------------------------------------------

試験も後残り2日となりましたが体調を壊さず、最後まで全力を尽くして一点でも多く取るつもりで学習してください。
それでは皆様のご健闘をお祈りいたしてまして失礼いたします。!!


印刷用ページ このニュースを友達に送る




HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求

Copyright 2007 takumeikan Co.Ltd  |  Design by 7dana.com