HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求 講座申込み
[サイトマップ] 
都城市の不動産


■令和5年度の宅地建物取引士の合格体験談
投稿者 : matsuo 投稿日時: 2023-12-22 (146 ヒット)

宅建受験にをするに当たり、全く知識もなくまして経験もない状態からの不安いっぱいのスタートでした。始めは本屋さんに行き宅建のテキイトを買い、独学で勉強していましたが、このままでは危ない!!
もっと効率よく勉強しないと合格できないと感じましたので、拓明館の直前対策講座を受講することに決めました。
すでにその時は試験日まで残り2ケ月半とラストスパートをかけ始める時期でしたので、不安と焦りの毎日でしが先生や夫と切磋琢磨しながら塾の日以外でも自宅や図書館で猛勉強の毎日でした。
先生の分かりやすいテキストや解説のおかげで、『初受験・短期間での合格』という結果を成し遂げる事ができ本当に良かったです。
どんな人でも諦めなければ誰でも合格できます。これから受験を考えている方も『合格』という目標を目指して頑張ってください。

                    令和5年12月21日(木)
              神村〇〇さん     35歳の主婦

■合格を目指して
大学時代の友人の勧めで宅地建物取引士試験を受験しようと思ったのがきっかけで拓明館の門を開きました。

 拓明館の授業では、権利関係(民法)→法令上の制限→宅建業法→税・その他 といった具合に進んでいきます。オリジナルテキスト中心に基礎講座があり、基礎講座で覚えた知識が定着しているのか確認するための確認問題、確認問題を要約した要点講座、本試験前の直前対策講座といった流れで試験本番に臨むことになります。本試験対策として、それぞれの分野の中間テスト、厳選問題、直前問題といった本屋さんには置いてないような問題を沢山解くことが出来、他の受験生に差をつけることだって可能です。講義内容も長年不動産業界に携わってきた知識と経験をもとに実際の取引を題材にしたわかりやすい授業をしてくれます。法律の知識がなくとも先生の話をよく聞き、復習をきちんとしていれば間違いなく合格に手が届くと思っています。

 僕は、3月から拓明館で勉強を始め試験前までに1000時間ほど勉強してきました。基礎講座から始まり、確認問題を解き、間違えた所はテキストに戻ったり解説を読んだりしていました。テキストは、拓明館のテキストのみで他の出版社の本は買うことはありませんでした。ここのテキストだけで宅建の範囲はほぼ全てカバーされていると感じます。さらに、テキストや解説を読んでも分からない所があれば先生に聞きにいくと即座に答えを教えてくれます。答えだけではなく、何故そのような結論に至ったのかも詳しく解説してくれます。この点は他にはない本講座の特徴だと思います。

 先生は良く「テキストを何回も何回も繰り返し読みなさい。」とおっしゃいます。僕もその通りだと思います。1回読んだだけでは膨大な量の内容が頭に入る訳でもないし、繰り返し読んでいく中で少しずつ知識として定着していくものです。僕自身もテキストを10周以上して合格という2文字を手に入れたのだとおもいます。

 最後に、これを読んで宅建を受けたいという人は是非拓明館に来てください。先生の言葉を信じ、安心してついていってください。この道25年以上講師をしているからこそどのような勉強をしたらいいのか等全部教えてくれます。拓明館で宅建合格を手にしてください。 
 
    令和5年度 一発合格
   安藤 〇〇


印刷用ページ 




HOME 宅建生講座 合格者の声 会社案内 お問合せ・資料請求

Copyright 2007 takumeikan Co.Ltd  |  Design by 7dana.com